クレジットカード審査でのフリーターの扱い

クレジットカード審査では安定した収入というのが重要な審査ポイントになります。その点でアルバイトやフリーターといった職種は安定さに欠けると判断されることが多いのです。クレジットカードでは正社員が優遇されますが、それは長期間勤務する可能性が高いので安定性があるという判断からです。特にフリーターは定職に就かずアルバイト先を転々としているというイメージなのでクレジットカード審査では評価が低くなります。

しかし逆に考えるとフリーターでも同一勤務先に長く勤めていればある程度安定していると判断されます。そもそもフリーターという職種はありません。そのためクレジットカード申込書にフリーターと書く必要さえないのです。むしろフリーターと記載した時点で印象が悪くなるので書かないようにしましょう。

勤務先の欄にはアルバイト先の内容を記入して、正社員ではなくアルバイトの項目を選択するだけでいいでしょう。勤務年数も1年以上あればカード利用枠は大きくはなりませんが、その内容だけで却下されることもなくなります。もちろん申し込みするクレジットカードも一般カードでアルバイトや主婦も対象としているクレジットカードを選びましょう。